猫背・巻き肩・ストレートネックを改善する歩き方(シェイプアップ効果も有り)

こんにちは、カリカリです。今回は「歩き方、軽く姿勢」のお話です。

みなさんはどのくらい歩いているのでしょうか。私はよく歩く方なのですが、歩数計で測ったら1日平均で1万5千歩くらいは歩いていました(今はジム通いしているので減りましたが)

パソコン疲労に悩む者にとって、歩くことは最強の体質改善法です。肩こり首こりはほぐれるし、血流も良くなるし、なにより心拍を使わないため身体への負担も最小限で済みます。

※以下の記事もよければご覧ください。

こんにちは、カリカリです。今回は「歩く」ことについてのお話です。 以前の記事で肩こり頭痛の解消にガチで効果のあったことの1つとして「たくさ...

そんな「歩く」ですが、実は筋肉のこりや血流を良くするだけでなく、猫背・巻き肩・ストレートネックなどの姿勢改善にも効果的であることをご存知でしょうか。

しかしそれには、ただ漠然と歩いていても効果はありません。ちょっとしたコツがあります。今回はその歩き方のコツ、「猫背・巻き型・ストレートネックを改善する歩き方」を紹介します。

頭と肩を引き、重心を後ろに移動させる

「猫背・巻き型・ストレートネックを改善する歩き方」、その方法は以下の通りです。

  • 背筋を伸ばして立つ
  • アゴを下げて頭を後ろに引く(無理のない程度に)
  • 肩を開いて背中側に引く(同じく無理のない程度に)
  • 重心を後ろにズラし、体重をかかと側にかける

この状態で歩く。これだけです。感覚としては、体重の7割程度を後ろ側にかけるイメージで立つといいと思います。

この姿勢であれば、ストレートネックで前に出てしまっている頭、猫背で前に傾いている背中、巻き肩で前に丸まっている肩など、身体のゆがんだ姿勢を無理なく正常な位置に持ってくることができます

また、重心が後ろ側にくることで、頭という思い部位をしっかりと背骨に乗せることができます。これにより首の負担が減り、肩こりや首こりを改善・解消させる効果もあります

※そもそも、頭や胴体などの身体が「足のどの部分に乗っているか」というと、それは「かかとの上」です。なので、重心はかかと側にかかっているのが正解。これが本来の重心位置なのです。

お腹や太もものシェイプアップ効果もあり!

また、この姿勢で歩くと分かるのですが、普通に歩いている場合よりもお腹や太ももを踏ん張る感覚があります。これは、歩くときにかかる体重の位置が変わるためです。

ここで一旦、いつもどおりの歩き方に戻してみてください。体重が膝に大きくかかっていることに気づくはずです。

つまり猫背・巻き肩・ストレートネックなどの悪い姿勢で歩いていると、体重が膝にかかってしまい、お腹や太ももが楽をしてしまっているということなのです。

※いわゆる「メタボリック体形」の方というのは、このような前かがみ姿勢の影響により、お腹や太ももが太くなってしまっているのかもしれません。

体重がお腹や太ももにかかって負担が増すということは、筋肉が多く使われるということであり、当然お腹や太もものシェイプアップ効果を得ることができます

歩き方を見直して体質改善しよう!

いかがでしたでしょうか。このように歩き方・歩く姿勢を「頭と肩を引き、体重をかかと側にかける」と変えるだけで、身体に様々な恩恵を得ることができます

座っている時の姿勢は皆アレコレと気にするのですが、歩く姿勢については意外なほど気にする人が少ないです。しかし座り方と同じくらい、立ち方や歩き方の姿勢も大事なのです。

繰り返しになりますが、人間の重心というのは思ったよりも身体の後ろ側にあります。そもそも背骨や脚の骨という「身体の柱」はかかとの上に乗っているわけですから、かかと側に体重がかかるのが正常なのです。

※前屈み姿勢の方だと、普段の反動で「こんなに後ろに反りかえって大丈夫なのか」と感じるかもしれませんが、それで正常です。ただあまりに辛いようなら、リラックスできるよう微調整してください。

猫背・巻き肩・ストレートネックなどの姿勢改善に加え、膝関節の負担軽減、お腹や太もものシェイプアップまで行えるこの歩き方、ぜひみなさん試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク