肩こり首こり解消に最もオススメな運動が「ただ歩く」ことである理由

こんにちは、カリカリです。今回は「歩く」ことについてのお話です。

以前の記事で肩こり頭痛の解消にガチで効果のあったことの1つとして「たくさん歩く」ということをあげました。

こんちには、カリカリです。こんかいは「頭痛の解消法」のお話です。 自己紹介にも書いているのですが、私は20代の後半頃に肩こり頭痛を発症...

この記事では、歩くことでこりが解消する理由を「長時間動かないから筋肉がこる=逆に動き続ければこりは解消する」と紹介しました。今回はもう少し掘り下げて、なぜ歩くことがこり解消に有効なのかを、詳しくご紹介したいと思います。

①運動嫌いでも歩くことならできる

そもそも、肩こりや首こりが起きてしまうのかというと、それは「定期的に運動していないから」です。

動物とは「動く生き物」と書きます。そして人間もまた動物の一種です。動物である以上、動かないと身体を悪くしてしまうのは必然なのです。

運動していない、運動できない理由は人それぞれ様々と思いますが、まぁ大体の方は運動が好きでないからでしょう(忙しくて時間がないという方もおられるでしょうが)。ちなみに私も運動は嫌いです。

話を「歩く」に戻します。どれだけ運動が嫌いでも、走ったり泳いだりが好きでない人でも、歩くことならそれほど辛くなくできるはずですよね。

歩くなんて、おじいちゃんおばあちゃんだってできます。何か障害とかで体に不自由があるなら別ですが、基本的に2本の脚さえあれば誰でもできます。

この「運動嫌いでもやりやすい」のが、歩くこと最大の利点であり、肩こり解消に効果的である理由の一つです。

②筋肉への負荷が小さく緊張がほぐれやすい

これは実体験からの意見ですが、肩こりを治そうとして運動する場合、あまりハードな運動はこり解消には逆効果になる場合があります。これはハードな運動は筋肉への負荷が強いため、逆に緊張や疲労を起こしてしまう場合があるからです。

運動というとジョギングや筋肉トレーニングなどが一般的ですが、これらもやはり筋肉への負荷が大きいです。そのためよっぽど上手に行わないと、ただでさえ緊張してこっている筋肉を余計に硬くしてしまう恐れがあるのです。

また、負荷の高い運動をするということは、それだけ心拍を多く使います。筋肉だけでなく、血管や心臓にも大きな負担がかかってしまいます。この点も危険です。

※もちろん筋肉が多い方が体のこりは起きにくくなるので、「肩こりしくい体にする」ことが目的であれば、筋トレなどのハードの運動も有効です。しかし前述の通り逆効果になる場合もあるので、トレーナーなどの指導を受けて行うのがよいでしょう。

その点、歩くのは筋肉へ大きな負荷もないし、リラックスして行えるので緊張もほぐれます。筋肉を増やしたいとかダイエットが目的なら別ですが、こりをほぐすことが目的なら、ハードな運動をするよりも、のんびりと歩いた方が効果的です。

ただ、歩く場合でも姿勢が悪いと逆にこりを悪化させてしまいます。正しい姿勢でリラックスして歩いてこそ、こりの解消に効果があります。歩くことは健康的ですが、歩き方には注意が必要です。

③生活に取り入れやすい

ジョギングやトレーニングなどの運動を本格的に行おうと思ったら、まずはそれなりの準備が必要です。

走るためにはランニングウェアとシューズが必要になりますし、トレーニングを行うならジムのような場所や器具も必要になります。また、運動するための時間を捻出する必要もあります。

その点、歩くというのは生活の一部ですから然したる準備もいりません。普段着になるべく歩きやすい靴があれば、それだけでいつ何時でも開始できます。ちょっとした時間があればいつだって思い立ったら始められるのです。

運動は継続してこそですから、始めるための最初のハードルが低いということはとても重要です。

手軽に行える全身運動、それが「歩く」

いかがでしたでしょうか。このように歩くということは、肩こりなどのパソコン疲労をとても効果的に解消することができる方法です。肩こりを治すための生活改善は大変ですが、できることから1つ1つ、まずは「なるべく歩く時間を作る」ということから始めてみて下さい。

ただし繰り返しになりますが、歩く際は姿勢に気を付けないと逆効果です。以下に歩く時に気を付ける事・正しい姿勢をまとめるので、参考にして下さい。

  • 頭とアゴを引き背筋を伸ばす
  • お尻をしめて背中は反らない
  • 腕はなるべく振る
  • 硬くならずリラックスして歩く
  • 水分補給や日射病に気を付ける
  • 体調管理を忘れなず無理をしない
  • 当然、歩くやすい靴と服装で

以上、歩きによる肩こり解消についてのお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク