「背すじを伸ばす」の誤解?私がやってしまった間違った姿勢の直し方

こんにちは、カリカリです。今回は姿勢についてのお話です。

姿勢を改善するためによく言われる「背筋を伸ばす」。そもそもこの背筋を伸ばすって、具体的にどういうことを示すのでしょうか?

まぁ要するに「背中が曲がっていて不健康だから、背筋をまっすぐ伸ばした正しい姿勢にしましょう」ということです。

なのですが、私はこの「背筋を伸ばす」を誤解していました。完全に解釈を間違えて実行し、逆に体を悪くしてしまったことがあります。

何をどのように間違ったのかというと、それは反り腰です。

反り腰とは?

反り腰とは読んで字のごとく「腰が反った状態」です。太った人に多く見られる姿勢で、見た目には背中が反ってお腹を付きだすような体勢になってしまっている場合が多いです。

さて、元々が猫背で背骨や骨盤がゆがんでいる方が、「姿勢をよくするために背筋を伸ばした姿勢を取る」ということを自分なりに実行すると、どういう結果になるでしょうか。

元が猫背で「前屈み」なのだから、その逆を必死に行おうします。そしてその結果、逆にこの反り腰(前かがみの姿勢から極端に後ろに沿った姿勢)になってしまうわけです。

私としては自分なりに「背筋を伸ばして正しい姿勢をとろう」とはしていました。しかし実際はまっすぐ伸びた姿勢ではなく、ただ後ろに反りかえるだけの反り腰になってしまっていました。

なぜ反り腰になってしまったのか

ではなぜ、背筋を伸ばしているつもりが反り腰になってしまったのでしょうか。それにはいくつか要因がありますが、主な原因として「そもそも正しい姿勢というものが理解できていなかった」からです。

正しい姿勢を理解できていないから、正しい姿勢をとることができない。当たり前です。そこに「自分なりに考えて」という思考が腹立いてしまい、勘違いが発生します。

その結果「普段前かがみで猫背なんだから、その逆=背筋を伸ばす」になると思ってしまったわけですね。

では、正しく背筋を伸ばす時に本来意識しなければいけなかったことは何でしょうか。単純です。それは「頭のてっぺんをなるべく上に伸ばそうとする」です。

実際試すとわかりますが、立った状態で頭頂部をなるべく高くしようと、背中が後ろに反ることも前に猫背になることもなく、自然と上方向に上半身を伸ばす形になります。

この姿勢を立つ・歩く・座るの状態で意識すれば、正しく「背筋の伸びた姿勢」を保つことができます。

背筋を伸ばすということは、後ろに反るのではなく体を上に伸ばした状態にすることなのです。

姿勢を治す時は人に見てもらった方がいい

このように私は、姿勢改善のために背筋を伸ばそうとして、逆に反り腰になってしまいました。その結果、今度は腰への負担が増して腰痛を引き起こしてしまいました。

このような勘違いを起こさないためにはどうすればよかったのか、答えは簡単です。正しい姿勢かどうかを他人に見てもらえばよかったんです。傍から見れば「背筋を伸ばせていない」ことは一目瞭然です。

みなさんがもし自分の姿勢を改善しようとか、背筋を伸ばして正しい姿勢を保とうとか思ったのなら、その時は人に見てもらうことを強くオススメします。正しい姿勢って、案外自分じゃわからないものですからね……。

他人に見てもらうのが難しいなら、デジカメやスマートフォンのカメラで撮影するのも有効です。壁の前に立ち、正面・背後・横の立ち姿を撮影する。これだけでもおかしい部分、違和感のある部分を知ることができます。

もし貴方が今、自分の姿勢を治そうと試みているのなら、憶測や想像など「自分なり」の方法をとるのではなく、まずは客観視にて自分の姿勢を確認・点検することから始めてください(私のような勘違いをしないためにも)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク