本当に姿勢を気にしなければいけないのは実は〇〇をしている時

こんにちは、カリカリです。今回は「姿勢」のお話です。

「姿勢を正しく」「姿勢に気をつけて」とはよく言われます。肩こりや首こりなどのパソコン疲労に悩む肩なら、なおの事気になる言葉です。しかしここで一つの疑問が浮かびます。

姿勢に気をつけるっていつ? 1日中?

朝起きてから寝るまでの人が活動している時間、その間のいつ姿勢に気をつけなければならず、いつなら気にしなくてもいいのでしょうか。

起きて活動している間は四六時中、姿勢を気にして生活しなければいけないの? そんなことはもちろんないですよね。人間誰だってリラックスは必要ですから。

※むしろ姿勢を気にして常に緊張していたら、逆に疲れてこりが悪化しかねません。休む時は気を抜きしっかり休むことが必要です。

では具体的に「いつ姿勢に気をつければいいのか」。

パッと思いつくのはまず、パソコンやスマートフォンを操作している時ですよね。後は立ったり、歩いたり座ったりしている時とか……あ、割と四六時中だ。

そんなことを考えていて1つ気づいたことがあります。みんながあまり気にしていないところで、最も姿勢に気をつけなければいけないタイミングがあるということに。それは、

最も姿勢を気にすべき時=食事の時

食事の時です。その時こそ人間が1日活動する中で最も姿勢に気をつけるべきタイミングだと、私は気づきました。

考えてみてください。食事の時というのは、目の前の食べ物を口に運んで食べるわけですから、基本的に誰しも前かがみになってしまいますよね

食事中は誰しも背中も腰も曲がった姿勢になってしまいます。キチンと背筋を伸ばして食事をしている人というのは、正直あまり見かけません。

前かがみは肩こり首こり最大の要因であることは常識。パソコン作業なんかをしている時は皆、嫌というほど気にしているはずです。しかし、食事の時は意外なほど誰も気にしません。食事=休憩中であるという意識からかもしれません。

また、食事中は食べ物を口へ運ぶために手や腕を使うし、ものを噛むためにアゴも動かします。腕やアゴを動かす=肩や首への負担が増えるという事ですから、食事が肩こり首こりの原因となる動作であることは明白です。

このように、食事中というのは肩や首への負担が大きい動作を行うにも拘わらず、同時に姿勢も前かがみに崩れやすいという、肩こり首こりの溜まりやすい行動です。そのため、本来なら最も姿勢を正しく保たないといけないタイミングであるはずなのです。

食事中こそ正しい姿勢を強く意識して

「食事の後にこりが悪化して頭が重くなっている気がする」。そう感じたことはないでしょうか。私はそうでした。

最初は食事の内容(重い食事で内臓に負担がかかっている)が悪いのかと思っていました。しかし食べるものを変えても変化がなかったため、この「食事中の姿勢が原因」であることに気がつきました。

※ちなみに余談ですが、このことに気づいてからは、我が家の猫も首を疲れさせないように食事台を買ってあげました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク