ストレッチグッズは純正を買うべき?安い類似品じゃダメ?

こんにちは、カリカリです。今回は「ストレッチグッズの類似品」についてのお話です。

世の中には様々なストレッチグッズ、エクササイズ用品が存在します。例えば以前にご紹介した、筋膜リリースを行う「グリッドフォームローラー」。

こんにちは、カリカリです。今回は「筋膜リリース」に関する商品のご紹介です。 最近私はスポーツジムへ入会しました。理由は当然、肩こりや首こり...

他にも、私が最近通っているスポーツジムで利用している「ストレッチポール」。こちらは猫背・巻き肩などの姿勢改善、肩甲骨周りのストレッチや骨盤調整に絶大な効果のある、人気ストレッチグッズですね。

これらの有名で人気のあるストレッチグッズにつきものなのが、類似品の存在です。同様のストレッチ・エクササイズが行うことができて、正規品よりずっと安い値段で購入できるので、利用されている方もおられるのではないでしょうか。

しかしこれらの類似品、実際のところどうなのでしょう? 類似品では安いなりの問題があるのか、それとも高い正規品を買わなくとも十分な効果が得られるのか。

今回は、この「正規品と類似品の違い」についてお話しようと思います。

結論から言うと「正規品を買うべき」

最初にまず結論から言ってしまうと、やはり「高くても正規品を買うべき」と言えます。理由は以下の通りです。

安いのは主に材質の違い

ストレッチポールを例に挙げると、類似品との違いがこちらのサイトで詳しく解説されています⇒http://hikaku.tamate-bako.net/stretch-pole/。こちらで強調されていることは「素材の違い」です。

実際ストレッチポールを使ってみると分かりますが、乗った時の硬さが絶妙なんですね。沈み混むほど柔らかくなく、かといって肌や骨が痛むほど硬くもない。これは、使用されている「発泡オレフィン系樹脂」独自の感覚なのでしょう。

類似品に使用されている素材は、基本的に「安い別のもの」です。安くて似たような素材を使って作られているわけです。

正規品は研究して作られたもの

素材の違いがどう影響するかというと、やはり「得られるストレッチ効果」にどうしても差が出てしまいます

ストレッチポールは主に「肩甲骨周りの筋肉を緩める」「体幹に関わるインナーマッスルを鍛える」ことを目的としたストレッチグッズですが、素材が変わってしまうとこの効果を十分に得られなくなります。

前述の通りストレッチポールは「乗った時の硬さが絶妙」なのですが、別素材の類似品では、固すぎたり柔らかすぎたりといった差異があるため、同じ使い方をしても身体への影響はまったく違います

正規のストレッチグッズというものは、その形だけでなく素材の感触といった部分から、しっかり研究して作られています。形状だけ似せた類似品とは、見た目以上に大きな違いがあるのです。

類似品は壊れやすく、すぐ使えなくなる

また正規品と類似品には、器具としての耐久性にも違いがあります。

類似品は前述の通り安い素材が使われているだけでなく、低コストで作られているせいで、その作り自体も正規品に比べれば雑です。また、同じ商品でも品質にバラつきがでたりもします。

そのため正規品と比較すると、素材の安さと作りの粗さにより、類似品はすぐ壊れて使えなくなってしまいます

ストレッチグッズ・エクササイズグッズは長く継続して使用する器具です。安いからと言って類似品を購入しても、すぐ壊れ使えなくなって買い直さなければいけなくなるため、結局は高くつくハメになります

やはり類似品は「安かろう悪かろう」

このように、類似品というものはどうしても「安かろう悪かろう」という傾向にあります。

ストレッチグッズ・エクササイズグッズに限った話ではありませんが、高いものには高いなりの理由があり、安いものには安いものなりの理由があるのです

類似の商品は正規品と比べ非常に安く、半額以下の値段で購入できるものもあります。そのため。どうしてもそちらを選び買いたくなってしまいますが、それは価格だけでなく「品質の差」でもあるのです。

せっかく健康に気を使ってストレッチ・エクササイズを始めるのであれば、効果が期待できなければ意味はありません。効果がない、すぐ壊れてしまうでは、ただ時間と金を無駄にするだけで終わります

全ての類似商品を否定するわけではありませんが、やはり「身体に関すること」ですから、高い買い物になってしまうとしても、正規品を選ぶべきでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする