こんな方は要注意!巻き肩になりやすい姿勢と生活習慣

こんにちは、カリカリです。今回は「巻き肩になりやすい姿勢・習慣」のお話です。

みなさん「巻き肩」をご存知でしょうか。巻き肩とは身体のクセのことで、肩が身体の前側に内転して、内側を向いて前に出てしまっている状態を言います。

巻き肩は、長時間の前傾姿勢やうつむきを続けることで、身体の筋肉にクセがついてしまうことで起こります。猫背の肩バージョンだと思えばわかりやすいでしょうか。

※というか、猫背の人はだいたい巻き肩にもなっていると思います。

巻き肩も猫背と同様、身体によいことはありません。肩が前側に出てしまうと身体の重心バランスが崩れてしまいます。

そうなれば猫背と同じく、肩や首、背中への負担が増してしまい、筋肉のこりや頭痛などの症状が発生してしまいます。

※特に巻き肩と猫背を併発してしまった場合は最悪です。ただでさえ頭を持ち上げるのに苦労をしている首や背中の筋肉が、腕の重みにまで引き延ばされてしまい、相乗効果で肩こり首こりが重症化してしまいます。

ちなみにこの巻き肩、自分で判断するのは一見難しいのですが、簡単にチェックする方法があります。


出展:アクア整骨院

まっすぐ立った「きをつけ」の姿勢をとり、腕の力を抜き自然な状態にします。その時に手の甲が身体の横を向いていれば正常、身体の前側に向いてしまっていると巻き肩(内転してしまっている)です

巻き肩になりやすい姿勢・生活習慣

そんな巻き肩ですが、やはり人それぞれ「なりやすい・なりにくい」の個人差はあります。なぜ個人差があるかというと、それは普段の生活での姿勢や習慣に原因があります

そんな「巻き肩になりやすい姿勢・生活習慣」について、いくつか紹介します。

①長時間のスマホ・パソコン利用

「スマホ巻き肩」なんて言葉も最近は聞かれているとおり、スマートフォンやパソコンの長時間利用は、巻き肩になりやすい習慣です。

理由は言うまでもなく、腕が前に出てしまい、身体が前かがみになりやすいからです。没頭し夢中になってしまうことで、姿勢の維持がおろそかになりやすいということもあるでしょう。

VDT作業やスマートフォン利用中の姿勢には、十分に気をつけましょう。

②腕を組む

ついなんとなく腕を組んでしまう、そういう方は多いのではないでしょうか(特に男性)。これも巻き肩の原因になります。

腕組みの姿勢は、腕と肩が前に出てしまいます。これを長時間行うということは当然、巻き肩のクセがつきやすいということです。また、重心が前にズレて姿勢も悪くなるので、猫背や反り腰の原因にもなります。

腕組み姿勢は腕の重みを軽減できるため楽な姿勢ですが、あまりしない方がよいでしょう。

③横向きで寝る

「人間の寝相は横向きこそ自然」という説もあるのですが、巻き肩に関していれば、横向き姿勢で眠るのはよいことではありません。

横向きの体勢で眠るのは、肩が身体の前側に倒れてしまうため、巻き肩のクセがつきやすいです。また、身体を丸めやすいため、猫背の方はこれを悪化させてしまいます。

眠る時の姿勢は横向きではなく、肩や腕が自然に開く「仰向け」か「うつぶせ」にしましょう。

巻き肩解消にはまずストレッチやエクササイズを

いかがでしたでしょうか。このように日常で行っている様々な生活習慣が、身体に巻き肩のクセを付ける原因となってしまうのです。

ちなみに「すでに巻き肩になってしまっている」場合ですが、これを改善するには「ただ巻き肩にならないよう姿勢に気をつける」だけでは足りません。なぜなら冒頭で述べた通り、巻き肩は「身体のクセ」だからです。

一旦巻き肩になってしまうと、肩や背中、胸などの筋肉が巻き肩の状態でクセ付いてしまいます。こうなってしまうと、身体にとっては「巻き肩の状態こそが自然」になります

その状態のまま姿勢だけ正そうとしても、身体に無理をさせることになってしまうため、肩や背中のこりを悪化させてしまう危険性すらあります。

そうならないためには、まずクセ付いてしまった上半身の筋肉を、ストレッチなどのエクササイズで正してやる必要があります

以下に巻き肩解消エクササイズをいくつかご紹介します。ご参考ください。

以上、「巻き肩になりやすい姿勢・習慣」のお話でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク