大きい筋肉は肩こり防止になる?筋トレと肩こりの関係について

こんにちは、カリカリです。今回は「肩こりと筋肉の関係」についてのお話です。

みなさんは筋肉量が多い人と少ない人では、どちらが肩こりをしにくいと思われるでしょうか。

筋肉は身体を支えたり動かしたりするのに必須の体組織です。もちろん多いほうが肩こり予防になるのではないか、そう思われるかもしれません。

しかし、実のところ「筋肉の多い少ないはあまり関係ない」が結論です。

もちろん、筋肉が少なすぎるたり多すぎたりするのは良くありませんが、一般的な生活に支障のないレベルの筋肉量の話で言えば、多い少ないはほぼ無関係です。

固まった筋肉は害でしかない

そもそも筋肉とは「収縮して力を発揮する体組織」です。伸びたり縮んだりすることで力を生み出して、その力で体を動かすわけです。

そして、これはスポーツ選手にとっては常識的なことですが、筋肉の生み出す力の強さというのは「収縮率」で決まります。筋肉とは大きさよりも「どれだけ伸び縮みできるか」が重要なのです。

そんな筋肉が、運動不足や血行不良により固まってしまっていると、どうなるでしょうか。

固まっているということは伸び縮みができません。収縮して体を動かすための対組織が収縮できないということは、これはもうただの重たいお荷物でしかありません

それだけではありません。固まった筋肉は血流を阻害しますから、酸素や栄養の循環がとどこおってしまいます。代謝が悪くなるので老廃物も溜まってしまいます。

そのような状態では、疲れが溜まりやすく取れにくい、体温が低い(冷え性)、太りやすい、免疫力が低下するなど、様々な体調不良が引き起こされてしまいます。

このように、いくらたくさん筋肉がついていても、固まってしまっていてはただの邪魔でしかないのです。

どうすれば筋肉を柔らかくできるのか

肩こりの話に戻します。結局のところ筋肉と肩こりの関係は、多い少ないよりもどれだけ伸び縮みできるか。つまり筋肉が柔らかいほど肩こりしにくいのです。

硬い筋肉は邪魔でしかありませんが、柔らかくできれば話は別です。害悪しかなかった固くこった筋肉でも、柔らかくなれば一転して良いことづくめの体組織へと変貌します

血流が良くなり、疲れにくく回復しやすい、体温が高い、太りにくい、免疫力向上などの恩恵を与えてくれます。もちろんそうなれば、肩こりなど消え失せるでしょう。

それでは、どうすれば筋肉を柔らかくできるのでしょうか。

①ストレッチ

硬く縮んでしまっている筋肉を伸ばすには、ストレッチが有効です。ただしストレッチは正しく行わないと効果が出ないので、自分に合うストレッチを正しい方法で行う必要があります。スポーツジムや整体サロンなどの指導を受けるとよいでしょう。

こんにちは、カリカリです。今回は「ストレッチ」についてのお話です。 ストレッチや柔軟運動は、肩こりや首こりなどのパソコン疲労を解消・予防す...

②定期的に運動して動かす

定期的な運動は筋肉に刺激を与え、細胞の固着を防ぎほぐしてくれます。ただし、あまりハードだと刺激が強すぎて、かえって筋肉を硬くしてしまいます。ウォーキングなど軽めの有酸素運動を行うとよいでしょう。

こんにちは、カリカリです。今回は「歩く」ことについてのお話です。 以前の記事で肩こり頭痛の解消にガチで効果のあったことの1つとして「た...

③マッサージ

マッサージによる直接刺激で直接ほぐしてやることで、筋肉を柔らかくすることができます。ただし、手わざによるマッサージは正しく行わないと逆効果となってしまいます。カイロプラクティックや整体院でプロの施術を受けるのがよいでしょう。また、筋膜リリースなどの器具を使ったセルフマッサージも有効です。

こんにちは、カリカリです。今回は「マッサージ・リラクゼーション予約サイト」のお話です。 パソコン疲労の解消に整体やマッサージを利用される方...
こんにちは、カリカリです。今回は「筋膜リリース」に関する商品のご紹介です。 最近私はスポーツジムへ入会しました。理由は当然、肩こりや首こり...

やわらか筋肉でパソコン疲労を解消!

今回は筋肉と肩こりの関係についてお話ししました。繰り返しになりますが、筋肉は多い少ないよりも、どれだけ柔らかいか(どれだけ収縮できるか)が重要です。

もし貴方が肩こりが酷い、パソコン疲労が抜けない、すぐに怪我や病気をしてしまうなど体調不良にお悩みなら、筋肉が硬くなってしまっていないか自己点検してみてください

そして今回ご紹介したような方法でカチカチ筋肉をほぐし、柔らかく柔軟性のある筋肉を取り戻してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク