風呂・サウナ・岩盤浴、肩こり首こりの改善に最も効果のある温浴はどれ?

こんにちは、カリカリです。今回は「温浴の肩こり首こり解消効果」についてのお話です。

みなさん、お風呂はお好きでしょうか。お風呂やサウナなどの温浴で体を温めるのは、肩こりや首こりなどのパソコン疲労症状を改善するのに非常に効果的です

私はサウナ浴が趣味で、3日に1度はスーパー銭湯などの温浴施設に通っているのですが、これは元々は、肩こりを治そうと思ったことがきっかけです。

ただ、ひとえに温浴で体を温めると言っても、お風呂やサウナ、岩盤浴など、色々と種類があります。

そんな中で、パソコン疲労の解消に最も効果があるのは何か。私個人の経験上の意見ではありますが、ランク付けにてご紹介したいと思います。

3位:サウナ

3位は「サウナ」です。

サウナと水風呂の交替浴による温冷効果は、交感神経と副交感神経を活発化させるため、自律神経を整えるのに効果的です。

また、高温環境におかれることで、ヒートショックプロテインと呼ばれる細胞を修復するたんぱく質が多く生成され、免疫力が高まるとも言われています。

他にもサウナの健康効果は色々とあり、もちろん血行改善や筋肉の弛緩など、肩こり首こりの解消に繋がる効果もあります。

ただ、お風呂や岩盤浴と比較して言うなら、そこまで効果的ではありません。なぜなら、サウナも水風呂も体に刺激が強すぎるからです。

高すぎる(低すぎる)温度は体の筋肉を硬直させてしまい、緊張により十分なリラックスを行うことができません。筋肉のこりをとる目的であれば、お風呂や岩盤浴の方がよいでしょう。

2位:お風呂

2位は「お風呂」です。

お風呂ならサウナほど刺激がなく十分にリラックスできるので、肩こりや首こりなどの解消に非常に効果的です。

また以前の投稿でも書きましたが、眺めのいい露天風呂なら目の疲れをとるのにも効果的です。

こんにちは。カリカリです。今回は「目疲れ・眼精疲労」のお話です。 みなさんはパソコンやスマートフォン利用で目が疲れた時、その疲れをどの...

個人的にはバイブラやジェットバスなどの浴槽よりも、温度が低めのぬる湯にじっくり浸かるうが効果的だと感じます。寝転んで入浴できる浴槽(寝湯)なら、よりリラックスしやすいでしょう。

ただ、サウナほどでないにせよお風呂も長時間の利用は辛いものがあります。長時間の入浴は心臓への負担が大きく、のぼせてしまうなどのリスクもありますから、注意して利用する必要があります。

1位:岩盤浴

パソコン疲労の解消にもっとも効果があるもの、1位は「岩盤浴」です。

岩盤浴は、サウナやお風呂ほど高温でないためリラックスしやすく、温度も程よいためのぼせる心配もありません。

そして何と言っても、寝そべって休むことができるため、体の力を抜きやすく筋肉の緊張がほぐれやすいのです。

また、お腹や肩、背中、腰などのこりやすい部位に暖かい岩盤が触れるため、じんわりと熱が体にしみ込み、固まった筋肉の血行を効率的に改善してくれます。これは内臓疲労解消にも効果的です。

熱さに耐える必要がないためリラックスしやすく、岩盤の放射熱がじんわりと体を温めてくれる岩盤浴は、パソコン疲労の解消に最も効果的であると言えます。

ただ、お風呂やサウナと違って岩盤浴は基本的に着衣で利用するものであるため、事後に身体を冷やしてしまいやすいという問題もあります。

岩盤浴後はよく汗を拭き、クールダウンもほどほどにした方がよいでしょう。

基本的に温浴はどれも効果大

いかがでしたでしょうか。このようにサウナ < お風呂 < 岩盤浴の順でパソコン疲労に効果が高いというのが、私の見解です。

※ただし、サウナでも温度の低い蒸気浴(ミストサウナ・スチームサウナ)なら、肩こり解消には向いていると思います。

というか、基本的に温浴はどれもパソコン疲労に効果大です。私は肩こり頭痛を発症した10年ほど前からスパやサウナ、スーパー銭湯などの温浴施設通いをしていますが、このおかげで大分楽になりました。

パソコン疲労による肩こり・首こり・眼精疲労にお悩みの方は、温浴で温まり汗をかくことを、強くおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク