ジム1日目:パソコン疲労解消のためスポーツジムに通うことにした

こんにちは、カリカリです。今回はスポーツジムについてのお話です。

突然ですが、スポーツジムに通うことにしました。理由はもちろん肩こりや目の疲れなどのパソコン疲労を解消するためなのですが、どちらかというと「スポーツジム通いでパソコン疲労を解消することはできるのか」ということを、検証する目的でもあります。

ダイエットや身体機能強化などの目的でスポーツジムに通う方は多いと思われますが、肩こり首こりなどの解消を目指して利用するということに関し、どこまで的確なサポートを受けることができるのか、実際に解消することができるのか、それを身をもって体験してみたいと思ったわけです。

会員契約を行ったのは先月で、利用開始は昨日(2018年5月1日)からになります。さっそく1日利用してきたわけで、今回はその紹介になります。

※一応、施設の名前や場所などは伏せておきます。

事務手続きがグダグダで先行き不安……

いきなりジムに通う以前の話で申し訳ないのですが、ハッキリ言ってグダグダでした。

施設見学の申し込みをWebのメールフォームから問い合わせても2日間返事なし。確認のため再度問い合わせを送ったらようやく返事がきました。たかがWebの問い合わせすらタイムリーに返事できないって……。

その後はまぁ見学させてもらい入会の手続きを行ったのですが、初回に行うパーソナル診断(自分の身体状況を調べ合わせた運動メニューを作ってもらえる)の予約も行った際の事。

翌月1日からの利用開始ということで日が開くため、スタッフのシフトがまだ分からないとのことなので、「決まったら前日までに連絡下さい。(予定もないので)何時から開始でも構いません。」とお願いしてその日は帰りました。

しかし前日になっても連絡がない。仕方なくメールフォームから問い合わせたら「来館時間をお教えください」という返事。いやいや、何時でもいいから時間決めてって言ったでしょ……。その後電話で確認したら「実は入会受付をした担当者から話が通ってなかった」と白状しました。つまり私から問い合わせをしなかったら忘れられていたってことですね。

まぁ今はどこも人手不足で大変なのでしょうけど、さすがに事務手続き一つまともにできていないことに多大な不安を覚えました。こんなジムに入会しても、満足いくサポートが受けられるのだろうか。まぁダメなら辞めればいいか。

※ちなみにこちらはマイナーでもなく、それなりにメジャーなスポーツジムです。

初日はパーソナル診断と軽くランニング

まぁそんなこんなで出だしからアヤがついてしまいモチベーション激減ですが、初回のジム通いを行いました。

初回はまず自身の運動を行っていく上での指針と内容を決めるべく、スタッフのパーソナル診断を受けました(ちゃんと予約されているか直前まで疑っていましたけど)。

まずはタニタの体組成計で体の状態を測定(確かこんなの)し、その後にスタッフの方とヒヤリング。とにかく肩こり首こりを解消したいことを伝え運動メニューを作ってもらいました


↑こんな感じ。一応、腹筋や下半身の筋力トレーニングも盛り込まれていますが、基本は肩こり解消のためのストレッチがメインで組まれているメニューです。

ちなみに一番上の「グリッドで角膜リリース」というのは、グリッドフォームローラーというストレッチ器具を使った肩甲骨周りのマッサージです。これがなかなか効くもので家にも欲しくなるくらいでした。使っていてメチャメチャ痛かったですが(それだけ筋膜が固まっていたという事でしょう)。


他、行うべきストレッチやマシンの使い方などを一通りレクチャーしていただき、後は初日と言う事でランニングマシンにて30分ほど走って終了にしました。ちなみに入会したジムには大浴場があり、私の大好きなサウナと水風呂も完備。当然毎回利用しますよー。

しっかりしたこり解消メニューを組んでくれる

以上はジム通い初日の様子でした。感想としては予想よりずっとしっかりした肩こり解消指導を受けることができたなと思います。

冒頭でも言いましたが、スポーツジムというところはダイエットや身体機能強化などの目的で通うのがメインの施設を思っていたので、ここまで「こりというもの具体的なアプローチが行われる」とは思っていなかったからです。

まぁこんな感じでしばらくジム通いを続けて、パソコン疲労の解消に励もうと思います。経過はちょくちょくブログで報告させいただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク