肩こり解消のためファスティング(断食療法):解説編

こんにちは、カリカリです。突然ですがファスティングをすることにしました。

ファスティングとは何かというと、一言で言えば「断食療法」です。といっても一切の食事を断つのではなく、一定期間だけ食事を必要最低限に制限し、内臓や消化器官を休ませるという健康療法です。

以前私は、「食べ過ぎ飲みすぎで肩こりを悪化させたことがある」という記事を投稿しました↓。

こんにちは、カリカリです。今回は「食生活」のお話です。 みなさんは「理由は分からないけど妙に肩こりが酷くなる」ということはないでしょうか。...

実は最近、また暴飲暴食で肩こり首こりなどのパソコン疲労を悪化させてしまったのです。スポーツジム通いで体調がよかったことで、油断してしまいました。

そこで、「ファスティングで肩こりは治るのか?」という検証企画の意味も含めて、また改めてファスティングを行おうと、そのように思ったわけです。

※ファスティングについては、当ブログとしては専門外であるため、詳細は割愛させていただきます。詳しくは以下の解説サイトをご参照ください↓。

ファスティングとは(一般財団法人 内面美容医学財団)
ファスティングの効果的な方法とは?(All About Beauty)

現在抱えている体調不良一覧

ファスティングはダイエット目的で行われるのが一般的ですが、どちらかというとデトックスや体質改善が主な目的とされています。

食事を制限し、普段酷使している内臓器官を休ませることで、溜め込んでいる有害物質を排出し、本来持っている自浄作用を回復させる。それによりあらゆる体調不良が復調する、というのがファスティングの効果です。

ファスティングでの改善例は様々で、肥満や胃腸の改善はもちろんのこと、肌がきれいになったとか、花粉症が改善したとか、本当に色々な報告があります(中にはアトピーやガンが治ったなんて話も)。

私としては、当ブログの趣旨にのっとり「パソコン疲労が治るかどうか」が目的なのですが、せっかくなので現在私が抱えている不調を列挙してみます。

  • 肩こり・首こり・背中の張り
  • 目の疲れ・眼精疲労
  • 近眼
  • 飛蚊症
  • 鼻づまり・くしゃみ
  • 胃腸の痛み・消化不良・下痢
  • 倦怠感・気力が湧かない
  • 不安・神経過敏
  • 物忘れ・うっかり
  • 疲れやすい
  • 免疫力の低下
  • 肥満
  • 薄毛

これがファスティング後にどれだけ改善したのか、実施前と後で比較します。

ファスティング期間は3つのステップで行う

今回ファスティングを行う日数ですが、3日としました。これは「ファスティングの効果を十分に得るためには3日は必要」であるためです。

といっても、いきなり3日の断食生活を始めるわけではありません。ファスティング期間中は、一般的に以下の3つのステップに分けて実行されます

  1. 準備期間(3日)
    摂取する食物を制限し、断食に向けて身体を慣らす期間。

  2. 断食機関(3日)
    実際に断食する期間。摂取するのは水もしくは酵素ドリンクのみ。

  3. 回復期間(3日)
    いきなり普段の食事に戻すのは不調をまねくため、まずは軽めの食事で慣らす期間。

今回私が行うファスティングは、上記の通り3日間の断食期間に加え、準備と回復期間を前後に設け、計9日をかけて行うことにしました

なぜ準備期間という「慣らし」が必要かというと、断食期間中は肝臓に負担がかかるためです。

断食中の身体は、不足したエネルギーを補うため溜まっている脂肪を溶かし、血中に送ります。しかし脂肪には毒素も蓄積しているため、これを肝臓で分解する必要があります。そのため、肝臓が普段より忙しくなります。

このように、忙しくなる肝臓を事前に休息させ整えるため、準備期間が必要なわけですね。そのため、準備期間中の食事については、必然的に「肝臓に良いもの、負担がかからないもの」になります。

食べていいもの悪いものを言えば、多すぎてキリがないのですが、ザックリ言えば「肉、魚、卵、油、乳製品、カフェイン、小麦、砂糖、アルコール」などがNGです。


私が準備期間の朝昼晩に食べている準備食はこちら。納豆ご飯(1/3合)、みそ汁、漬物。とりあえず軽めの純和食を食べていれば、大丈夫と思ってよいでしょう。発酵食品ならなおベター。

ちなみに断食後の回復期間ですが、そちらは引き続き酵素ドリンクで栄養を摂りながら、昼か夜の1食だけ重湯(おかゆの上澄み液)やおかゆ、具なしの味噌汁や薄めのスープなどにして、徐々にお腹を慣らすのが一般的です。

※つまり、回復期間も断食しているのとほとんと変わりません。

断食中の栄養摂取は「酵素ドリンク」で

「ファスティングとは、一定期間中だけ食事を最低限にする健康療法」と前述しましたが、具体的にどうやって最低限の栄養を摂取するのかというと、それは「酵素ドリンク」です。

酵素ドリンクとは何かというと、簡単に言ってしまえば「ものすごく濃縮された野菜ジュース」です。体内の酵素を増やす「酵母菌」がふんだんに含まれていることから、酵素ドリンクと呼ばれているそうです。

この酵素ドリンクを飲んでいれば、断食期間中に水以外の食物を一切摂取しなくても、必要な栄養素が十分に賄えるわけです。

ちなみにこの酵素ドリンク、ものすごくたくさんの種類が販売されているのですが、私が選んだのは「優光泉」です↓。

優光泉を選んだのはなぜかというと、理由は簡単。一番人気だからです。

酵素ドリンクを選ぶにあたり、色々とネット検索で調べたのですが、価格や素材、安全性信頼性、その他サポート面など総合的に見て、優光泉がもっとも優秀でした。

「ファスティングをしてみようと思うけど、どの酵素ドリンクを選べばよいか分からない」という方は、こちらの優光泉をチョイスして間違いないでしょう。

※酵素ドリンク「優光泉」の紹介&レビューはこちら↓。

こんにちは、カリカリです。今回は「酵素ドリンク」の紹介です。 先日、私はファスティング(断食療法)を行いました。目的はもちろん、当ブログの...

はたしてファスティングで肩こりは治るのか

そんなわけで、ファスティングによるパソコン疲労解消を目指して頑張ってみようというのが、今回の企画です。

あくまで目的は肩こり首こり、目の疲れなどの「パソコン疲労解消」ですが、これらはどうしても数字などで比較できず、分かりづらい部分でもあります。

そこで分かりやすいものとして、ファスティング前後の体重&体脂肪を、比較データとして用います。自宅の体重計で測定した、体重&体脂肪の数値がこちら↓。

  • 体重:79.8kg
  • 体脂肪:23.8%

※準備期間の食事制限に入ってからの測定なので、実はすでに1kgほど減っています。

せっかくスポーツジム通いしているのに、減少するどころか若干太ってしまいました……。ジムで運動しているという油断から、食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまったのかもしれません。

次回は「実践編」、実際にファスティングを行っている期間の報告レポートになります。途中経過や状況、身体に起きた変化などを投稿します。

こんにちは、カリカリです。今回はパソコン疲労解消のために始めたファスティング(断食療法)、その結果報告になります。 ※事前に前回の投稿をご...

酵素ドリンク「優光泉」のご購入はこちら↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク