脱パソコン中毒!デジタルデトックスに挑戦してみた②

↓前回の投稿はこちら

こんにちは、カリカリです。今回は「デジタルデトックス」についてのお話です。 デジタルデトックスとは何かというと、パソコンやスマートフォン、...

こんにちは、カリカリです。前回に続き「デジタルデトックス」についてのお話です。

ゴールデンウィークを利用し、パソコン、スマートフォン、テレビ、テレビゲーム等のデジタル機器の使用を禁止するということで、3日間過ごしてみました。

まず結果を言うと、3日くらいなら割と簡単に達成できました。目や肩、首など、身体の調子もとても良好です。

期間中の状態はノートに日記をつけていたので、その内容をご紹介します。デジタルから離れて私は、どんな生活をしていたのでしょうか。

1日目:まだ余裕

 

  • 6:30
    起床。いつもなら真っ先にパソコンの電源をONにするところだが、今日からはそれができない。考えた結果そのまま二度寝することにした。猫のごはんを用意せず寝てしまったことは、申し訳ないと思っている。
  • 8:30
    再度起床。猫の世話(ごはんの用意とトイレ掃除)をしたのち、自分の食事と身支度も済ませる。することが何もないので、膝に乗った猫をボーッと撫でて過ごした。
  • 9:00
    猫の耳が汚れ気味だったので耳掃除。デジタルから離れ静かな生活になったため気づいたが、我が家の猫は耳掃除が好きということに気づいた。というのも、デジタルから離れると生活が静かになるので、猫のゴロゴロ音(喜んでいるときに発する音)がよく聞こえるのだ。
  • 10:00
    モデムとルーターの電源を切り、スマートフォンのWi-Fiとデータ通信もOFFにした。考えてみれば、デジタルデトックスをしているのだから、音声通話以外の通信環境は必要ない。その後は読書をして過ごす。
  • 12:30
    昼食の後、自転車で近所のサイクリングコースへ出かける。晴天でとても気持ちいい。20kmほどクロスバイクで駆け抜け気分爽快。
  • 14:00
    サイクリングコースのそばにあるスーパー銭湯で、露天風呂(天然温泉)とサウナを堪能&レストランで名物の生ピッツァを食べる。その後は昼寝→再入浴→退出し、スーパーで買い物して帰宅。
  • 18:00
    帰宅し猫の世話をする。普段はブログを書くのに差し支えるため、家での飲酒はあまりしないが、今日はパソコンを使わないので久しぶりに家飲みをする。その後、夕食。
  • 20:00
    静寂の中、することもないのでひたすら猫を愛でる。ブラッシングとフェイシャルマッサージでご満悦の我が飼い猫。ゴロゴロ音がよく聞こえる。
  • 22:00
    就寝。普段のような目や首の疲れはまったくなし

2日目:昼は平気だが夜にすることがない

 

  • 4:30
    猫に朝飯を用意しろとたたき起こされる。用意した後に二度寝。
  • 8:30
    起床。寝覚めはとてもいい。食事と身支度を済ませ、その後は読書したり猫を愛でたり、ただ単にボーッとして過ごす。
  • 12:30
    水筒にコーヒーを淹れ、昨日と同じく近所のサイクリングコースへ。途中スーパーでサンドイッチを購入し、コース中の休憩ベンチで食べる。少し風が強く花粉もきついが、天気がよくて気持ちがいい。こんなにも自然を感じたのは何年振りだろうか……
  • 14:00
    サイクリングコースそばの道の駅へ寄り、近隣農家の売店などを見て回る。露店で焼き芋が売っていたので買って食べる(もう焼き芋の季節でもないが)。しばし自然を堪能したのち、スーパーで買い物して帰宅。
  • 16:30
    晩ごはん用の米を洗い、今日は家のお風呂で長湯。サイクリングで日焼けした肌が少し痛む。
  • 18:00
    今日も家で晩酌。そしてすることがないので読書。読書だって目や肩のこりにいいものではないが、夜だと他にすることがないので仕方ない。飲酒と読書のせいか、目と首に少し疲れを感じる。
  • 20:00
    晩ごはんを食べる。読書にも飽きて、することがまったくなくて途方に暮れる。音のまったくない室内で、ただただボーッとして過ごす。これはこれで悪くないと思い始める
  • 22:00
    就寝。

3日目:ボーっとするのに慣れてしまった

 

  • 8:00
    起床。目覚ましは6:30セットなのに、ここ最近まったく反応できていない。快眠で眠りが深いからということにしておこう。猫の世話、食事、身支度を済ませ、軽く下半身のストレッチを行う。
  • 10:00
    サイクリングコースで食べるために弁当を作る。今日は花粉が多いのか目が少し辛い。
  • 11:00
    洗濯しながら猫に遊んでもらう。興奮した猫に足を噛まれ出血。
  • 12:00
    今日もサイクリングコースへ出かける。途中のベンチで休憩したり、お昼ご飯の弁当を食べたり、景色を眺めてボーッとして過ごす。
  • 14:30
    スーパー銭湯に行き露天風呂とサウナを満喫。このスーパー銭湯は休憩所からの眺めがよく、景色を楽しんでいるうちにウトウトと昼寝してしまう。その後、再入浴してから帰宅。
  • 19:00
    帰宅。猫の世話をしてまた飲酒。もう何もせずボケーッと過ごす事が逆に心地よくなってきた
  • 20:00
    晩ごはんを食べる。その後は猫のブラッシングや爪切りをして過ごす。久しぶりにちゅ~るを進呈。
  • 21:00
    連日のサイクリングで心地よく疲れているため、早めに就寝。

結論:アウトドアな趣味があれば割と余裕

デジタルデトックス3日間の状況は以上です。サイクリングしたり、自然に触れたり、温泉に浸かったりと、我ながら恐ろしく健康的な生活を送っていたなと思います

デジタルデトックスを行う上での一番の障害は「退屈」ですが、私は元々サイクリングの趣味があったので、昼間はそれほど時間を潰すのには困りませんでした。アウトドアな趣味があれば、デジタルから離れて過ごす事はそう難しくないと思います。

夜は主に読書で時間を潰しましたが、すぐ飽きてしまい途方に暮れました。しかし「することがない静かな空間でただボーッとする」ということに次第に慣れていき、意外に退屈はしませんでした。

体調は間違いなく良くなる(当たり前)

3日間パソコンからもスマートフォンからもテレビからも離れ、毎日自然に触れて自転車こいだりお風呂やサウナに入ったりして過ごしていたわけですから、当然ですが体調はとてもいいです。

これまで培ってきた肩こりや目の疲れですから、さすがに完全に抜けはしませんでしたが、それでも今までに比べたら段違いに快調です。

デジタルデトックス3日間が終了した翌日、4日目の午前にこのブログ記事を書いていますが、今までのような背中の痛みや目の使れなどの疲労感は感じません。

まぁ根を詰めればまた戻ってしまうのでしょうが、今回のような健康的な生活を定期的に行っていれば、体の健康は十分に維持できると思います。

以上で3日間のデジタルデトックスの紹介を終わります。体調が良くなることは間違いないので、是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク