飲み物が肩こりを悪化させる?肩こりに悪い飲み物と良い飲み物

こんにちは、カリカリです。今回は「飲み物」についてのお話です。

以前の投稿で「食事が原因で肩こりが悪化する」ということを書きました。それに関連した内容になります。

こんにちは、カリカリです。今回は「食生活」のお話です。 みなさんは「理由は分からないけど妙に肩こりが酷くなる」ということはないでしょうか。...

普段何気なく飲んでいる様々な飲料水、実はこれらが肩こりや首こりなどの症状を引き起こして良し待っている場合があることを、ご存知でしょうか。

また、それとは逆に摂取することで逆にこりを改善してくれる、そんな飲み物も存在することも、ご存知でしょうか。

今回は、そんな「肩こりを悪化させる飲み物、改善させる飲み物」について、ご紹介したいと思います。

肩こりに悪い飲み物

①カフェイン

コーヒーやお茶、健康ドリンクなどに多く含まれているカフェイン。これが肩こりを悪化させる原因となる場合があります。

カフェインは集中力の向上、眠気覚ましなどの効果があり、適量であれば良いことも多くあります。しかし過剰摂取はNGです。

カフェインには筋肉を緊張させる作用があるため、パソコン作業などによる筋肉疲労が激しい場合、それを悪化させる恐れがあります。また、血管拡張作用があるため、片頭痛持ちの方が飲むと余計に酷くなってしまいます。

他にも、過剰に飲むとどうしても胃や腸が荒れてしまいますから、内臓機能の疲労や低下により周辺筋肉に引きつりを起こしこりが悪化する可能性があります。

②アルコール

お酒は気分を高揚させリラックスすることができるため、一見すると肩こりには良い飲み物のように思えます。しかし大抵の場合は逆効果です。

アルコールは利尿作用があるため、飲めば飲むほど体内の水分が排出されてしまい体が水分不足になってしまいます。そうなると血行不良を引き起こしてしまい、筋肉のこりが悪化します。

また、過度な飲酒は肝臓に負担がかかりこの機能を低下させてしまいます。内臓疲労は周辺の血管収縮を引き起こすため、当然隣接した筋肉も血行不良となりこりが悪化してしまいます。

肩こりに良い飲み物

「お酢は肩こりや腰痛に良い」ということは昔からよく言われています。

お酢の最大の特徴は「代謝UPによる疲労回復効果」です。お酢にはクエン酸が多く含まれているため、摂取すると乳酸を輩出しやすくなり、筋肉疲労(こり)を回復してくれます。

お酢を飲むと体を柔らかくなる」ということを、聞いたことがないでしょうか。この理由は「筋肉疲労を回復=ストレッチやエクササイズ効果を高める」ことに由来していると言われています。

ただしお酢は胃への負担が大きく荒れやすいので、飲み過ぎは禁物です。

「水(飲み物ではなく純粋な水)が体に良い」ということは、ここ数年でよく言われていますよね。肩こりに関しても同様です。

というか、逆に「水分が不足するとこれが悪化してしまう」と考えるのが正しいです。

水分が不足すると当然、血液中の水分も不足します。血液の水分量が減ると、血流が悪くなるので血行不良に陥ります。

血行不良により血液の循環が滞るということは、体の老廃物の排出が滞るため、筋肉疲労が十分に回復することができなくなってしまいます。

人体は60%が水でできており、これが数%不足するだけでも様々な健康被害を引き起こして今します。適切な水分補給は肩こりに限らず、健康的な身体を維持するために必須と言えます。

ただし、あまりに過剰な水分摂取は過度な血流促進による心臓への負担が増加するなど場合もあります。また、食事中や前後の飲水は消化酵素を薄めてしまうため、消化不良を起こしてしまいます。摂取する量とタイミングには注意しましょう。

何事も取りすぎ取らなすぎはNG

このように普段何気なく飲んでいる飲み物が、実は肩こりや首こりに影響を与えているのです。

もしかしたら貴方は、仕事では1日中パソコン作業しながらコーヒーを何杯も飲み、仕事が終われば大量にお酒を飲む。そんな生活になってはいないでしょうか。

これでは肩こり首こりがますます酷くなり、パソコン疲労が解消されなくても当然。生活改善の必要ありです。

カフェインもアルコールも適量なら良いこともありますが、過剰摂取は禁物です。もしそのような生活をされているのなら飲み過ぎは控え、代わりにお酢や水などの飲む量を増やすなどして見直すことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク